利用上の注意地域別生産者情報安心牛肉のご紹介肉用牛基礎知識
  
 
生産者情報
 
代表者氏名 清水 一也
住所 三重県いなべ市大安町
生産者の
こだわりや考え方

 いなべ市大安町の宇賀新田肉牛組合(肉牛部会)のメンバーです。私を含め4名で構成しています。
 当部会では水稲農家との間で、牛の餌となる稲わらと田畑の肥料となる牛糞堆肥とを交換して循環型農業に取り組んでいます。
 また、飼養体系も含めた肉質向上のための勉強会、試験も随時行なって、消費者の皆様に喜んでもらえるような肉づくりを目指しています。
 私のこだわりは、牛舎環境です。いい環境で牛にストレスを与えないように気をつけています。特に床に敷くオガコの交換は時間的にも経済的にも大変ですが、牛のストレス軽減のためには回数を惜しみません。
 また牛は暑さに弱いために夏季は牛舎屋根への散水なども行なっています。環境が悪ければ食欲もでないし、健康も阻害されます。このことは牛も人間も同じだと思うのです。こうしていい肉もできるのだと思うのです。
農場風景
 
代表者氏名 長ア 行雄
住所 三重県いなべ市大安町
生産者の
こだわりや考え方

 いなべ市大安町の宇賀新田肉牛組合(肉牛部会)のメンバーです。
 現在、日本国内には輸入食品が多く出回っていますが、安全基準および管理体制についてはやはり国産のものが信頼できるのかなと感じています。
 特に国内でのBSE発生以降、牛の管理は1頭1頭の番号管理となり、事務管理は大変繁雑となりましたが、これも消費者の皆様の信頼を得るためであると納得しています。
 食の安心・安全がさけばれている現在、産地のわかる和牛を召し上がっていただき皆様が喜んでもらえたら嬉しいと思います。
 牛に給与する濃厚飼料(とうもろこし、大豆等)の原料は輸入に頼らざるを得ませんが、稲わらは近在の水田から収集した純国産(地場産)のものを給与するようにしています。
農場風景
 
代表者氏名 伊藤 昌彦
住所 三重県いなべ市大安町
生産者の
こだわりや考え方

 いなべ市大安町の宇賀新田肉牛組合(肉牛部会)のメンバーです。
 和牛の特長は、脂の融点の低さ、肉のキメの細かさ、味の甘みとコクだと思っています。これが柔らかくて美味しいということにつながっているのだと思います。
 温かい料理はもちろんですが、脂の融点が低いので冷めても柔らかく風味があっておいしく頂けるため、お弁当のおかずとしても最適だと思います。
 私は、和牛の特長である脂質の良さについて特に追求しています。融点の低い、粘り、風味のある脂を目指して、毎日が勉強のつもりで頑張っています。
 稲わら収集・給与、水田への堆肥還元による循環型農業の大切さも十分に理解し、資源の循環に取り組んでいます。
農場風景
 
代表者氏名 清水 真和
住所 三重県いなべ市大安町
生産者の
こだわりや考え方

 いなべ市大安町の宇賀新田肉牛組合(肉牛部会)のメンバーです。
 親父から牛の飼育を引き継いでまだ約2年です。牛の飼育というものは、相手が生き物なだけに牛それぞれの個性もあってとても難しいものだと痛感しています。マニュアルがあってないようなものなのです。今は部会の先輩からの助言ももらいながら、一生懸命勉強していい牛をつくれるよう頑張っています。
農場風景
北勢地域 伊賀地域 中南勢地域 東紀州地域