資源循環食材の利用推進
 
画像をクリックすると大きな画像が表示されます。
 
     紹介しました「牛の個体識別情報検索システム」を使えば、生産された牛肉の履歴が明確になります。
 そして、「三重の牛肉生産農家情報」で情報提供している生産者の中にも「三重県産の稲ワラ」を収集し牛に給与する生産農家がいます。
 
 この両者を結びつけ、県内産の牛肉で、かつ資源の有効利用、自然にやさしい畜産を実践しているという農家の努力を一般に知っていただきたいというのが、今回の取り組みです。

 しかし、肉の流通の中には、と殺や解体、加工、さらにはその流通・販売、さらに調理といったたくさんの工程が入ります。鶏卵のようにそのまま直接販売によって、生産者から消費者に渡る畜産物もありますが、「肉」はそうはいきません。

 そこで、これらに関係する流通〜販売までの関係者の協力が必要となりました。
 JA全農三重の食肉センターでは、「三重の牛肉生産農家情報」に参加している生産者の牛肉も取り扱っています。ここから提供される特定の牛肉を、飲食店の皆様にご利用いただきくことによって、紹介した「資源循環」が成り立つということになりました。

 対象となる牛肉は、いなべ市大安町の肉牛グループ「宇賀新田肉牛組合」
 レストランは、松阪市のレストラン「岡」さん、二見町の旅館「大石屋」さんです。

 県内で真摯な取り組みをする肉用牛生産者を消費者の皆さんに紹介し、取り組みや努力を認めていただくことが、県内の畜産の振興や、さらに大きな視点で見れば、環境にやさしい農業・畜産を支援することにつながるんだという理解をお願いいたします。
北勢地域 伊賀地域 中南勢地域 東紀州地域

メニューへ