新鮮ブランド卵を販売
売上金は、日本赤十字社を通じて熊本県地震災害義捐金に
平成28年10月10日(月曜日・祝日)、11月6日(日曜日)

 三重県養鶏協会は、10月10日開催のおいん鈴鹿感謝祭、11月6日開催の多気町おいない祭り会場で鶏卵の消費拡大を願ってタマリエ検定を実施し、回答者を対象に鶏卵を1パック100円の特別価格で販売しました。
 鈴鹿市では今回初めての開催でした。市内の農場で生産された新鮮卵の販売に、「この農場、近所のところやー」という声もあり、多くの方に喜んでいただけました。
 このイベントの売上金は、日本赤十字社を通して、熊本地震の義援金として全額寄付しました。

 鶏卵を特別価格で提供いただいた養鶏家の皆さんは次の方々でした。(順不同)
スズランファーム(鈴鹿市)、青山(鈴鹿市)、センダ養鶏(鈴鹿市)、東洋テクノファーム(鈴鹿市)、川北養鶏場(鈴鹿市)、高木養鶏(鈴鹿市)、久保田養鶏(鈴鹿市)、(有)清水養鶏場(鈴鹿市)、(有)川北エッグファーム(鈴鹿市)、エッグハウス川北(鈴鹿市)、(有)くぼたエッグファーム(鈴鹿市)、(有)青山(鈴鹿市)、北川養鶏場(鈴鹿市)、鳥鹿養鶏園(津市)、山下鶏園(松阪市)、地主共和商会(多気町)、南勢養鶏(南伊勢町)

 タマリエ検定の詳しい内容はこちら[日本卵業協会HP(タマリエ検定)]
 会場で配布したタマリエ検定の解答[PDF]
おいん鈴鹿感謝祭
多気町おいない祭