三重エッグフード祭を開催しました!

 令和4年6月25日(土)、三重県養鶏協会は、日本卵業協会様と共に、プロマーケット津店様のご協力のもと、『たまニコ(たまごニコニコ大作戦)AGAIN2022 in三重』のイベントとして『三重エッグフード祭』を開催しました。
 たまごニコニコ大作戦とは、消費者のみなさんにたまごの素晴らしさをお伝えし、1日2個のたまごを食べようという「たまご2個で、みんなニコニコ」を推進していくプロジェクトです。たまご(鶏卵)に関する正しい知識の普及により、素晴らしい食材である「たまご」の消費拡大を図るのが目的です。
 会場にはたまごを使ったキッチンカーが準備され、たこ焼き、明石焼き、お好み焼き、だし巻きバーガーの他、ロコモコ、濃厚たまごのカルボナーラ、半熟卵のマルゲリータやカレーにトッピングするフワフワ温泉卵など、イベント来場者はいろんなたまご料理に舌鼓を打っていました。
  また、たまごに関するアンケートにご回答いただいた方には、「県内産ブランドたまご」と、「タマゴの魅力」の小冊子(タマゴ科学研究会)をプレゼントし、大変ご好評をいただきました。
 そして、アンケートの項目として「卵の購入タイミングについて」の回答は、「冷蔵庫にない時」が一番多かったことからも、消費者にとっては、たまごは欠かせない食生活の食材であるとの再認識と責任を感じました。
 三重エッグフード祭は終了いたしましたが、たまニコ(たまごニコニコ大作戦)AGAIN2022はまだまだ全国で継続中です。
 全国各地の“養鶏家&たまご屋”が自転車でタスキをつなぎながら、たまごの正しい知識や魅力を消費者の皆様にお伝えするため、日本縦断チャリリレーを行っていますので、もし、あなたの町で見かけることがありましたら、ぜひ応援してあげてくださいね!
 このイベントの開催に当たり、日本卵業協会の塩飽氏(垣善フレッグ株式会社 代表取締役)のご尽力に感謝申し上げます。