ビール粕などの地域未利用資源を飼料に給与した豚肉

技術の概要
 
 地域で産出されているビール粕を飼料中に15%配合して体重60㎏から110㎏を目安に肥育豚に給与すると、豚肉の皮下脂肪内層の脂肪酸割合が、通常の豚肉に比べ飽和脂肪酸割合が少なく、不飽和脂肪酸割合が多くなります。
 
皮下脂肪内層の脂肪酸割合 ビール粕
  
活用面での留意点
  
 酒粕を飼料に加えると、豚の皮下脂肪内層の脂肪酸組成は飽和脂肪酸が多く、不飽和脂肪酸が少ない、ビール粕とは逆の傾向が見られます。 
 ビール粕や酒かすを飼料に給与することで特徴のある豚肉を生産 することができます。