平成17年度畜産大賞業績発表・表彰式が開催されました。
  
 平成18年2月6日(月曜日)、平成17年度畜産大賞業績発表・表彰式が社団法人中央畜産会の主催により東京都港区虎ノ門の虎ノ門パストラルで開催されました。

 8回目を迎えた本年度は、「経営部門」9事例、「地域振興部門」21事例、「研究開発部門」18事例の計48事例が対象となりノミネートされました。この中から中央全体審査委員会で1月11日に審査された結果、下記のとおりの受賞が決定されました。選考は3部門の審査委員会において農業・畜産関係団体、学会等から推薦された事例と本年度初めて一般公募もされた事例の中から各部門の最優秀、優秀賞、特別賞を決定し、さらに最優秀賞から畜産大賞が選定されました。

 畜産大賞に輝いた岩手県の社団法人葛巻町畜産開発公社の事例は、経営が困難な公共牧場の事例が多い中、設立当初から地域の酪農経営を支援する大きな力となり、地域の酪農振興の基盤を築き、酪農を基幹産業として育成してきた実績が評価されました。現在では、牛乳・乳製品の加工販売はもとより、宿泊施設での滞在型農業体験や数多くのイベントにより年間30万人もの集客力により、名実共に東北一の酪農の町を築き上げたことが評価されました。

 また、経営部門で最優秀に輝いた岡山県の肉用牛繁殖経営の事例は、効率的な飼育方法に基づいた省力化が高く評価されました。
 
畜産大賞
「限られた地域資源を最大限に生かし東北一の酪農の町に」
  =公社を核とした地域支援の実践=
岩手県岩手郡葛巻町                       
  社団法人 葛巻町畜産開発公社 (代表:理事長 中村哲雄)
  
最優秀賞  《経営部門》
   「地域資源を生かした低コスト肉用牛繁殖経営」
   岡山県真庭市
   石賀 博和、石賀 恵子
 
 《地域畜産振興部門》
   「限られた地域資源を最大限に生かし東北一の酪農の町に」
   =公社を核とした地域支援の実践=」
   岩手県岩手郡葛巻町
   社団法人 葛巻町畜産開発公社 (代表:理事長 中村哲雄)
 
 《研究開発部門》
   「フィールド方式による産肉性の育種価評価とその利用体系の開発」
   フィールド方式の肉用牛改良システム開発グループ(代表:佐々木義之)
 
優秀賞  《経営部門》
   「高い生産性・収益性を生む養豚経営の実践」
   鹿児島県曽於市
   有限会社 大隅ポーク(代表:代表取締役 西園幸一)
 
 《地域畜産振興部門》
   「コントラクター事業による地域農業の新たな展開」
   北海道河東郡鹿追町
   鹿追町農業協同組合(代表:組合長 佐藤雅仁)

   「日本一のジャージー牛産地の育成と6次産業化への取り組み」
   岡山県真庭市
   蒜山酪農農業協同組合(代表:代表理事組合長 長綱元昭)
 
 《研究開発部門》
   「成分調整成型堆肥の生産・利用技術」
   成分調整堆肥研究グループ(代表:薬師堂謙一)
 
特別賞  《経営部門》
  「リスクの軽減を追求した大型乳肉複合経営の実践」
   栃木県芳賀郡市貝町
   農業生産法人有限会社 ジェイイーティファーム
   (代表:代表取締役社長 篠田教雄)
 
 《地域畜産振興部門》
  「軽種馬牧場の新たな挑戦-地域資源の活用による有機農業・養鶏への取り組み-」
   青森県上北郡東北町
   有限会社 東北牧場(代表:代表取締役社長 九十九ひろ子)
 
当日の会場の模様
   
 
中瀬副会長挨拶 受賞者紹介
   
栗原委員長挨拶 畜産大賞事例発表
   
経営部門最優秀表彰 表彰式後の記念撮影