平成16年度畜産大賞は、
「稲発酵粗飼料の総合的生産・利用技術体系の開発」
 平成17年2月7日、東京都港区の虎ノ門パストラルにおいて、平成16年度畜産大賞業績発表・表彰式(主催:(社)中央畜産会、後援:農林水産省、日本中央競馬会、(財)全国競馬・畜産振興会)が畜産関係者、報道関係者ら300余名参集のもと盛大に開催されました。
 畜産大賞とは、中央畜産会が我が国畜産の「経営」「指導支援」「地域振興」「研究開発」のそれぞれの分野で取り組まれている活動のなかから、その内容が合理性、普及性、発展性を有し、今日的・社会的意義のある事例について「畜産大賞」として表彰をしているものです。
 
平成16年度畜産大賞受賞を受賞したのは、次の事例です。
 
畜産大賞
稲発酵粗飼料の総合的生産・利用技術体系の開発
               稲発酵粗飼料の生産・利用技術研究開発グループ
                                     (代表 小川 増弘)
 この畜産大賞に輝いた事例「稲発酵粗飼料の総合的生産・利用技術体系の開発」は、国、県、大学、民間等が共同して取り組んだ研究事例であり、このうち「収穫機械開発チーム」では、三重県科学技術振興センター畜産研究部大家畜グループ浦川修司主幹研究員並びに吉村雄志技術員が、「高泌乳牛総合技術開発チーム」では、同山本泰也主任研究員が、「高品質調整技術開発チーム」では、同平岡啓司主任研究員・後藤正和三重大学教授がそれぞれの研究課題に取り組まれ、成果を挙げられ今回の受賞の一翼を担われました。
 
最優秀賞  《経営部門》
  土地基盤に立脚した持続型循環酪農を実践
  −土地を生かし、草を生かし、牛が無理せず、人が無理せず、ゆとりの経営−
  熊本県球磨郡錦町 清水 英夫
  清水 優子
 
 《指導支援部門》
  後継者への夢をつなぐ乳肥専門農協の支援
  −世代交代に向けた経営戦略・管理の支援システム−
  宮崎県宮崎市 宮崎県乳用牛肥育事業農業協同組合
  (代 表 黒岩 輝男)
 
 《地域振興部門》
  いわて短角牛再興による地域振興をめざして
  −自然・安全・安心なISO9001認証牛肉生産の取り組み−
  岩手県岩手郡滝沢村 岩手県短角牛振興協議会
  (代 表 伊達 勝身)
 
 《研究開発部門》
  稲発酵粗飼料の総合的生産・利用技術体系の開発
  稲発酵粗飼料の生産・利用技術研究開発グループ
  (代 表 小川 増弘)
 
優秀賞  《経営部門》
  遊休地を活用し経営規模拡大を目指す都市近郊肉用牛経営
  −「頭と体を使うと肉用牛繁殖経営は儲かる」を夢に−
  宮崎県宮崎市 長友 明
  長友 真理子
 
 《指導支援部門》
  酪農にかけた40年の"蹄あと"
  −水田酪農の新たな発展をめざして−
  鳥取県八頭郡郡家町 鳥取県東部酪農多頭化推進研究会
  (代 表 安東 和彦)
 
 《地域振興部門》
  淡路島から心と体にやさしい牛乳を届けます
  −消費者が求める牛乳生産への取り組み−
  兵庫県洲本市 洲本市酪農農業協同組合
  (代 表 赤松 清助)
 
 《研究開発部門》
  牛体外受精技術を利用した肉用牛生産の循環システムの確立
  体外受精卵利用システム開発研究チーム
  (代 表 神部 正路)
  
 
当日の会場の模様
   
研究成果を発表する小川代表
研究成果を発表する小川代表
   小里会長から表彰状を受け取る小川代表
中央畜産会小里会長から表彰状を受け取る
小川代表
   
研究開発グループ関係者
稲発酵粗飼料の生産・利用技術研究開発
グループ関係者
畜産研究部の三名
研究グループの一員として活躍した三重県科学技術振興センター畜産研究部の三名も会場へ(向かって左から浦川主幹研究員、山本主任研究員、平岡主任研究員) 
 
受賞者交流会で語る浦川氏
受賞者交流会で語る浦川氏