転換田を集約した自給飼料の生産と稲わら収集で資源循環
T牧場(T町)
 
取り組み項目

自給飼料の生産と稲わら収集

事例のポイント

 牛群検定のデータを積極的に利用し、自家産牛の改良を主眼においた酪農経営である。経産牛頭数は33.4頭と小規模であるが、経産牛1頭当り8,400kgを搾乳する成績である。

 経営地は、狭小な水田地域であり、決して農業に適している地域ではなく、転換田や耕作放棄地を集約して、自給飼料生産に取り組んでいる。
 
1 地域の概要
 平成の市町村大合併で生まれ変わったT町の東部は伊勢平野の一角を占めるが、当経営が位置する中勢部は、スギやヒノキが植林されている山間地域である。傾斜は比較的緩やかであり、基盤整備も進んではいるものの耕種農家では高齢化による耕作放棄も増えてきている。

 畜産業は、銘柄牛の産地ということもあり肉用牛農家が16戸あるのに対し、酪農家は5戸のみである。市町村を境界せずに周囲の畜産業を眺めてみると、飼養規模は大きくないものの酪農家も点在している地帯である。
 
2 経営の概要
経営形態と規模 酪農経営、経産牛33頭
労働力の構成 家族2.57人(年間総労働時間6,054時間)
牧草栽培面積 延べ460a
稲わら収集面積 600a
 
3 取り組みの経緯
 昭和63年に現在の牛舎を建築したが、敷地の背面には山が迫り限られた面積での建築となった。かつてのふん尿処理は、自己有の水田や畑に散布することで処理が可能であったが、牛群の成績が上がるとともに、家畜排せつ物の量も増え、限られた面積では対応が不可能になってきた。

 ふん尿は、堆積発酵させる方法と、ビニール乾燥ハウスで乾燥させたものを混合し、堆肥化を行ってきた。

 同時に周辺地域では、高齢化が進み稲作作業の受託をすることになってきた。このことから、これらの水田にも堆肥を散布し、稲わら交換を始めたり、耕作放棄地では牧草の栽培を始めたりしてきた。こういった請負作業が口コミで広がりながら、徐々に自給飼料栽培面積が増えていった。
 
4 自給飼料の生産状況
 自給飼料は、次表のとおりデントコーン、ソルガム、ヘイスーダン、イタリアンを栽培し、FRPサイロとラップを利用してサイレージとして調整利用している。

品 種 面積(単位a) 総収穫量
(10a当り収量)
利用形態
夏作
(内借地)
冬作
(内借地)
デントコーン 50 (0)   22,500
(4,500)
サイレージ100%
(FRP)
ソルガム 15 (0)   10,500
(7,000)
サイレージ100%
(FRP)
ヘイスーダン 185(185)   74,000
(4,000)
サイレージ100%
(ラップ)
イタリアン   210(155) 94,500
(4,500)
サイレージ100%
(ラップ)
    201,500   
作付延面積計 250 210    
借地面積計 185 155    

 稲わらは近在の水田を中心に600アールから収集している。この面積の内520アールは他人の所有地であり、水稲作業の請負や堆肥散布で関係している。

品 種 面積(単位a) 総収穫量
(10a当り収量)
利用形態
稲わら収集 600(520) 24,000
(400)
サイレージ100%
(ラップ)
 
5 飼料生産に要する経費
1 飼料生産に要する施設、機械器具

区  分 取得年月 取得価格 自給飼料
年間
償却額
期間
償却額
施設 FRPサイロ S57.3 430,000 19,350 0
FRPサイロ S61.5 480,000 21,600 16,200
  910,000 40,950 16,200
機器具車両 トラクタ H3.7 750,000 135,000 0
ディスクモア S55.2 270,000 48,600 0
トラック H1.11 300,000 54,000 0
ダンプ H1.4 370,000 83,250 0
堆肥散布 H8.8 402,000 72,360 0
ドライブハロー H5.7 309,000 55,620 0
コーンハーベスタ H9.8 694,050 124,929 0
ロールベーラ H11.4 2,059,838 231,732 231,732
ラップマシン H11.4 893,760 100,548 100,548
ライムソワ H11.2 105,000 47,250 0
トラクタ H11.5 315,000 94,500 0
トラクタ H12.5 2,835,000 510,300 0
フロントローダ H12.5 1,470,000 165,375 165,375
ディスクモア H15.8 500,000 90,000 90,000
SM11-6 H16.12 2,950,000 531,000 531,000
ホイルローダ H17.4 1,500,000 168,750 168,750
トラクタ H18.2 2,940,000 529,200 220,500
マニアスプレッダ H18.2 720,000 129,600 54,000
  19,383,648 3,172,014 1,561,905
合  計   20,293,648 3,212,964 1,578,105

2 自給飼料の生産コスト

費  目 金 額 構成比
種苗費
肥料費
その他資材
雇用労賃
家族労賃
燃料費
減価償却費
修繕費
小農具費
借地料
11,000
72,612
83,612
0
458,400
400,000
1,578,105
300,000
20,000
244,600
0.4
2.3
2.6

14.5
12.6
49.8
9.5
0.6
7.7
合 計 3,168,329  100.0

家族労賃
粗飼料生産 7時間×460a=322時間 322時間×1,200円=386,400円
稲わら収集 6時間×10日=60時間 60時間×1,200円=72,000円

3 単位当たりの生産コスト

区  分 牧草分
労賃含 労賃除
費用総額 3,168,329 2,709,929
収量1kg当たり 14.05 12.02
DM1kg当たり 44.93 38.43
TDN1kg当たり 138.22 118.22
 
6 家畜ふん尿処理・利用と環境保全
 前掲のとおり堆肥化は、堆積発酵とハウス乾燥の方式で取り組み、稲作作業受託農家との契約により水田への散布作業を請け負っている。この散布作業は散布面積確保の意味合いも大きく無料で行っているが、契約地からは稲わらを収集している。

 稲わらは、収集量の10%程度は敷料として利用し、90%を給与している。また、年によって必要以上の稲わらを収集できることもあり、他の畜産農家に販売することもある。

 耕作条件の悪い遊休地を効果的に利用してきた結果、畦畔の管理も行き届くようになり農村景観の保持にも役立っている。

 畜産から生じる堆肥を肥料として散布し、ここから稲わらを収集し、牛に給与するという資源の循環が体系化されている。
 
7 事例の普及性

 地道な努力を注いだ結果として現状の体制が確立された事例であり、努力を賞賛すべきである。

 今後は、耕種農家の高齢化が一因となる耕作放棄も加速されることも懸念されるので、ある意味では土地の集約化が容易になる場面も見られるであろうが、その対処を畜産農家だけで担うことは、究極的には無理が生じると思われる。耕種農家への技術の付与により、労力の軽減を図ったり、低コスト化をめざしたりする方向で、地域の取り組みとして発展させていくことが重要であると思われる。