コケッ 鶏(とり)コケッ 

にわとり 鶏は、その卵や鶏肉を利用するため、古くから飼育されてきました。愛知県には、有名な「名古屋コーチン」という鶏の品種があります。この鶏は、愛知県内で飼われていた「名古屋種」と「バフコーチン種」を交配した品種ですが、卵を利用しながら、鶏肉も利用する卵肉兼用種 と言われています。

 現在、農家で飼育している鶏は、卵を採るための鶏(卵用鶏 ・採卵鶏 )と、鶏肉として利用する鶏(肉用鶏・ブロイラー)に分けられ、外国で改良された鶏が多くなっています。


1 鶏の一生

 鶏の卵(有精卵 )は、適当な温度と湿度条件で、21日目に「ひよこ」となります。「ひよこ」は4〜5ヶ月で成鶏(おとな)となり、卵を産み始めます。そして、生後6〜7ヶ月ごろ、最もたくさんの卵を産むようになります。
 鶏は雑食性でいろいろな飼料を食べますが、筋胃 と呼ばれる消化器があり、硬い穀類を飼料として利用できます。通常、トウモロコシや麦類などを主とした配合飼料が、農家では使用されています。

2 いろいろな卵

 1羽の鶏(卵用鶏)は一年間に約300個の卵を産みます。スーパーの店頭に並んでいる卵の重さは、約60gです。産み始めの卵は小さく(45g)、成長とともに卵の重量は少しずつ大きくなります。
 卵の殻は白いものがほとんどですが、褐色 のもの、うすいピンク色など品種によりいろいろな色があります。最近では、うすい青色の殻の卵もあります。
 卵の大きさは鳥の種類によって異なります。小さな卵はウズラでは約10g、反対に、最も大きな卵はダチョウで約1.5kgもあります。

肉用鶏3 肉用鶏

 成長が早く肉付きよく改良された肉用鶏は、「ブロイラー」と呼ばれ、鶏肉として販売されています。「ブロイラー」は、産まれてから2ヶ月くらいで約3kgに成長します。
 「伊勢赤どり」や「名古屋コーチン」などの名称で呼ばれる肉用鶏は、「ブロイラー」ほど早く大きくならないけれども、「おいしさ」を目標に改良された品種です。

鶏の飼養状況
(採卵鶏)

区 分 飼養戸数 飼養羽数 平均飼養羽数 鶏卵生産量
三重県 150戸 582万羽 31,251羽 68,705トン
全 国 5,520戸 18,889万羽 28,200羽 254万トン

(ブロイラー)

区 分 飼養戸数 飼養羽数 出荷羽数 鶏肉生産量
三重県 38戸 76.8万羽 331万羽 13,361トン
全 国 3,192戸 10,736万羽 57,172万羽 1,553,203トン

飼養戸数・羽数は平成11年2月1日現在、鶏卵・鶏肉生産量、出荷羽数は平成10年度の数値