銘柄名 いなべ牛

 みえいなべ和牛推進協議会
   
食のプロも注目する
三重の新ブランド
「いなべ牛」

飼養品種
黒毛和種
 
銘柄情報 生産者情報 商品情報
生産物の特徴
 いなべ市内において、みえいなべ和牛推進協議会が指定する飼料給与体系に沿って肥育された黒毛和種であり、14ヶ月以上肥育された和牛のうち、社団法人日本食肉格付協会が実施する牛枝肉格付の肉質等級5等級、4等級、3等級と格付されたものだけであることを協議会事務局が確認し認定しています。
給与飼料の特徴
○東日本くみあい飼料(株)の配合飼料を全量使用しています。
○粗飼料の稲ワラは、地元いなべの稲作農家と契約し、全量自給しています。
飼育方法の特徴
 鈴鹿山系の伏流水を源とした滋味豊かな水、冷涼な気候に恵まれた山麓の牧場でストレスなく健康に育つことで黒毛和種ならではの良質な香ばしい旨味のある肉質を実現しています。
★その他★
○50年の暦にし裏打ちされた肥育ノウハウ
 昭和39年、旧員弁郡大安町で始まったのがいなべ牛の原点。以来50年にわたり大切に継承されてきた知恵と技術を結集し、日々の肉質向上に取り組んでいます。
○口溶けと牛肉本来の風味にこだわり極上の旨味を追及
 牛肉の旨味に最も関係するといわれる脂肪成分「オレイン酸含有率」を計測し、口溶けと牛肉本来の風味にこだわった最上級の肉質を追及します。
○肉の本場、神戸の品評会でも受賞多数
 その肉質は食肉業界でも高い評価を受け、三重の新しいブランドとして全国から注目を浴びています。
★関係ホームページURL★
★ 商標登録 ★ なし