平成21年度総会、研修会を開催しました

 平成21年6月9日(火曜日)、菰野町湯の山温泉の「寿亭」で総会、研修会を開催しました。
 この日東海地方は梅雨に入りましたが、久々に出会った会員の皆さんやきらきら輝く女将さんたちのおかげで、心ウキウキの1日になりました。
 小林代表世話人は、総会の挨拶の中で、「4年目を迎えるに当たり、会員の皆さんのアイデアやアドバイスをもらいながら、前向きな姿勢でサン・カラットの活動を展開したい。」と述べました。
 来賓として、三重県農水商工部農畜産室の斎藤副室長、三重県農業協同組合中央会の葛西地域対策部長のお二人からご祝辞をいただきました。斎藤副室長からは、「素晴らしい技術で生産した畜産物を消費者の皆さんの手に取ってもらうために女性という視点から学んでいくことも大切である。」と激励の言葉もありました。
 総会では、平成20年度の事業報告、会計報告と平成21年度事業計画と収支予算を提案し、会員の皆様のご了解をいただきました。
[総会資料はこちらPDF]
総会に引き続き研修会を開催
 今回の研修会では、湯の山温泉女将の会「きらら」の西田会長様を始め、役員の皆さんから、観光業に携わるご苦労や湯の山温泉の良さを知っていただくために取り組んでいる商品開発やイベントの企画についてもお話をいただきました。
 畜産の世界でも経済不況が販売に影響しますが、観光業では、それ以上に早く大きく影響を受け回復もままならないといった声もありましたが、「きらら」を結成してからは、「それぞれのホテルで取り組むお客様への接待や心づかいについても話し合うと自然に元気が湧いてくる。」というようなサンカラットと共通するようなようすも伺えました。
 「なぜ、女将さんの道を?」という問いには、「やはりお客様に接する仕事が好き、心から好きでなければお客様の心に届くご接待はできない」という回答をいただきました。
 湯の山温泉女将の会きららの皆様には、たいへんお世話になりました。この場をお借りしてお礼申し上げます。
 また、機会があればお会いできることを楽しみにしております。
湯の山温泉ホームページはこちら
「女将の瓦版」をご覧ください。
 総会、研修会に先立ち会員の皆さんを対象にした「昼食会」も企画しました。