平成27年度総会を開催
平成27年6月16日(火曜日)松阪農業公園ベルファーム(松阪市

総 会
 例年、総会と同日開催で研修会を企画してきましたが、本年度は、全国畜産縦断いきいきネットワーク(事務局:中央畜産会)が開催する若手後継者育成研修会とサン・カラットとの合同で開催したいという要望があり、これに応えることになりました。
 開催に当たり小林代表世話人から挨拶がありました。
[小林代表挨拶主旨]
 全国畜産縦断いきいきネットワークは発足10年という企画により、昨年度の大会が開催されましたが、サン・カラットも平成18年11月の発足以降、本日までの日々の流れの早さを感じています。
 畜産物の市況価格は、単に高値であることのみを捉えて喜んでばかりもいられませんが、生産費の高止まりも厳しい状況です。
 政府の施策では、広い分野での女性の活躍を支援するようであり、改めて女性ならではの仕事や活動をしていきたいと思います。忙しい中ではあるものの、今日のように時には自分の時間をもつことも良いのではないでしょうか。
 県畜産課からは斉藤課長の代理として、同課畜産振興班佐藤技師に出席いただき祝辞を代読いただきました。
 飼料や資材の高騰による厳しい状況は続いている。また、韓国、中国では口蹄疫が発生しており、引き続き飼養衛生管理基準の遵守をお願いしたい。
異業種との連携など、女性ならではの観点で、農村での活躍、経営の発展に努めてもらいたい。
 議事については、平成26年度事業実績についての報告と平成27年度事業計画を世話人から提案し、出席会員全員の承諾を得ました。
 総会終了後、サン・カラット発足から昨年度までの活動状況をスライド写真でふり返ってみました。

総会資料(PDF)はこちら
総会を前にして、食事を楽しみました。