白波の立つ、七里御浜を快走
10月8日(火曜日)
 三重県メンバーは、和歌山からの使者を拍手で迎え、一路、北に針路を取った。いざ、まず目指すのは熊野市。
 この日の名勝「七里御浜」は台風24号の接近により雄々しく白波を立てていた。
 三重の記念すべき第一チャリーダーは、御浜町の松田さんと紀北町の濱口さん。
 ウミガメ公園の駐車場で、グルンと一回りの後、国道42号線を熊野市に向かった。
 サポートカーもチャリの前へ前へと陣取り、サポート場所で待機するものの、チャリのスピードは思っていたよりずっと速く、「あれれ、もう、見えてきた。」
 お茶程度しかサポートグッズもないままに、お出迎え。「ご苦労さん、大丈夫かい?」「順調だね」といった声援を送った。
  
ウミガメ公園を出発、松田さんと浜口さん 主要国道42号線は、交通量も多い
余裕が出たのか?手を挙げて 交代してスタートの三重ヒヨコ森さん
花の窟で、次のチャリーダー西川さんがアップ中 花の窟に到着、まずは、好スタート