チャリ、試走 7月14日(日曜日)
 三重県のチャリリレーは、南端の紀宝町から北端の木曽岬町を目指します。
 なんといっても最大の難関は、熊野市と尾鷲市の間の「矢ノ川(やのこ)峠」
 熊野の海岸からの高度差400メートルを国道42号線で越えます。
 当初の計画では、「バイク」が候補になっていましたが、県リーダーが俄然熱を帯び、「一度、やってみよう、チャリで・・・」、ということで、熱中症のニュースが飛び交う7月14日、リーダーがこのコースの一部を試走。
 「成功!、たぶん本番も行ける!」という確信を得たようです。
 三重では、チャリを2台準備。たまご2個以上の消費を願い「玉二郎」「玉三郎」と命名しました。

試走をスタートした熊野市大泊 佐田坂を登り切った熊野市飛鳥