たまニコ料理甲子園 三重県大会 

たまごニコニコ料理甲子園三重県大会で
福井真琴さんの「ふわふわ巻き卵」が最優秀賞に
 
 三重県養鶏協会は、鶏卵の消費拡大や鶏卵についての正しい情報を発信するために「たまニコ料理甲子園」(通称)の三重大会決勝を、平成27年3月21日(土曜日)に開催しました。
 2月28日の応募締切日までには、総数136件の作品が寄せられました。
 この中から次の5作品が三重大会決勝に出場しました。
作 品 名 作者 所属
ふわふわ巻き卵 最優秀賞 福井 麻琴 相可高校
蚵仔煎(オアチェン)(台湾のカキ入りトロトロ焼き) 鈴木 裕樹 相可高校
三重があふれるあんかけオムうどん チームEK
山際 恵梨
明野高校
クレープオムライス 田畑 真鈴 明野高校
オレンジプリン 栁 美沙希 久居農林高校
  
 決勝大会当日は、早朝から調理の前準備が始まり、調理開始後は、凛とした空気の中で作品の調理が進められました。
 30分という限られた調理時間でしたが、普段身に付けた技を十分に発揮されたことと思います。
 審査は、「味」「見た目」「創作性(新規性)」「料理のしやすさ(普及性)」「栄養バランス」「ストーリー性(こだわり)」という6項目について評価されましたが、講評によれば、僅差での順位付けとなったようでした。


★審査の先生★
 学校法人大川学園 副理事長 大川将寿先生
 株式会社ダイム代表取締役会長 大西隆俊先生
三重の畜産女性の会サン・カラット代表世話人 小林陽子先生


 最優秀賞を受賞した福井さんは、来る4月18日(土曜日)金沢市で開催される東海北陸大会へ出場していただきます。
 全国大会を視野に入れて頑張っていただきたいものです。


  当日の様子 

BACK