上下に堆肥シートを使用した
ふん尿保管施設(浅型)の紹介

ふん尿保管施設(浅型)

1 構造
地面をコの字型に30〜60cm程度土盛りし、底面に遮水シートを敷き、水分調整したふん尿の上部をシートで被覆する施設。
床土で底部遮水シートを保護し、ふん尿汁は集水管で回収し、簡易貯留層へ貯留する施設。
 
2 施設の規模
【搾乳牛14頭分のふん尿を水分72%に調整し、
                  135日間かまぼこ型に堆積保管する場合】
発酵層寸法:間口5m×長さ18m×側壁高0.5m×2列(面積180平方m)
発酵層容積:144立方m(堆積高0.8m)
 
3 シートの仕様
上  部 底  部  
1 材質 ポリプロペレン ポリエチレン
2 厚さ 0.4mm 0.3mm
3 平方m当り重量 140g 390g
4 耐用年数 4年間 7年間
5 通気性
 
4 1平方m当たり建設費
底部土木工事:自家施工
(15〜20psトラクターのフロントローダーを使用)
上部被覆シート            350〜400円
底部遮水シート            350〜400円

合 計                  700〜800円
 
5 処理ふん尿1立方m当たり建設費
900〜1,000円
 
6 施設の特徴
1 どこにでも設置でき、土木工事を自家施工し、シートで覆うだけなので設置費が平方m当たり700円程度でできます。
2 堆肥を高く堆積できないため、大きな面積が必要になります。
3 切返し作業が困難なため、堆肥化はあまり期待できません。
4 堆肥の自家利用を前提とした施設です。
 
7 施設使用上の注意点
1 シートから雨水等が流入しないように注意が必要です。
2 定期的(耐用年数毎)にシートの更新をする必要があります。
3 強風時に被覆シートが破れたり飛ばないようにする対策が必要です。
4 ふん尿汁を回収する集水管及び貯留層の設置が必要で、ふん尿汁は定期的に汲取る必要があります。
 
8 写真
  

当施設の紹介に当たっては、大内山酪農農業協同組合のご協力を頂きました。