シートを使った簡易な堆肥化処理技術まとめ
 
メ リ ッ ト デ メ リ ッ ト
材料費が安く、施行も簡単なので、低コストで実施できます。

必要面積を確保すればどこにでも設置できます。

シートで覆った後は、切り替えし等の作業が発生しません。

下部をコンクリート製にすれば、切り返しも可能になります。
切り替えしを行わないため、短期間での堆肥化は望めません。

堆積高さが限られることから、広い面積が必要となります。

恒常的な施設ではありません。
 
その他の簡易的な堆肥化の手法
 
パイプハウス型 バンカーサイロ型
堆肥盤等にパイプハウスを利用した施設です。

屋根部分は施設園芸用のパイプハウスを使います。

側面のよう壁はブロックを使用できます。

床面がコンクリートなので、堆肥の切り替えしが可能です。
堆肥盤等に被覆シートを掛けるだけの施設です。

既存の堆肥盤があれば、被覆シートを準備すればそのまま堆肥施設として利用できます。

よう壁にL字型ブロックを利用すれば簡単に施行できます。