日本飼養標準・肉用牛(2022年版)

 日本飼養標準は、わが国で飼養されている家畜・家禽の成長過程や生産性などに応じた適正な養分要求量を示したもので、わが国における家畜飼養管理の基本であり、生産現場をはじめ行政、普及、教育等の分野で幅広く活用されています。

 日本飼養標準・肉用牛は前回改訂された2008年以降、国内外での新たな研究成果が得られ、畜産物需要の拡大に対応するため増頭・増産、牛肉の輸出拡大を反映した肉用牛の新たな飼養管理システムが模索されています。また、輸入飼料価格の高騰に伴い、飼料自給率向上への取り組みが一層求められています。

 今般、これらの情勢の変化に対応するために、「日本飼養標準・肉用牛」を14年ぶりに改訂しました。肉用牛経営者や支援・指導者必携の1冊です。

A4判 養分要求量算出・飼料設計診断プログラム付き
価格・税込4,400円(送料別)

改訂の主な特徴
 
肥育終了時体重の大型化に対応したエネルギーや蛋白質の養分要求量の見直し

現在の牛に対応した乾物摂取量推定式の見直し

自給飼料の利用拡大を図るために、肥育経営における自給粗飼料、自給濃厚飼料および製造副産物の飼料利用に関する解説の拡充

環境負荷物質の低減を考慮し、ふん尿、窒素および無機物排せつ量の低減やメタン抑制に関する解説の拡充

肉用牛生産の低コスト化に向け肥育期間短縮に関する解説

放牧牛の養分要求量の基礎的知見の見直し

技術的な変化が著しい哺育期の飼養管理について新たな知見の紹介

養分要求量の計算ソフトと飼料成分表のバージョンアップ

【お申し込み】
514-0003 津市桜橋1丁目649番地 農業共済会館  
社団法人 三重県畜産協会 経営指導課
TEL 059−213−7512
FAX 059−221−0109

メールでのお申込はこちら

注意